ビルドのプロセスを変えることなく始めよう

Jenkins、TeamCity、TFS、Visual Studio、ドロップ・パスから任意の数のビルド対象を直接インポートして、リリースを開始してください。

ビルドを自動化していない場合、BuildMasterはソースコントロールからコードを取得し、ビルドし、ユニットテストを実行できます。

プロセスの自動化と高速化

Webアプリケーション、デスクトップツール、クラウドサービスなど、既存のデプロイプロセスを自動化します。

デプロイプランに「マニュアルタスク」を含めることで、実行不可能なステップを自動化することができます。

全てのリリースのステータスを簡単に把握する

ダッシュボード上で全てのアプリケーションと環境を視覚化し、それぞれのリリースがどの状態にあり、どのリリースに注意すべきかを確認できます。

リリースをまとめて管理し、対象となる環境、詳細なデプロイの履歴、リリースノート、マイルストーンの日付などを確認できます。

デプロイウィンドウ、マイルストーン、テストフェーズや複数のアプリケーション上のスケジュールされたデプロイを組み合わせたカレンダーを作成し共有します。

監査可能なワークフローを使用しつつ、コンプライアンス要件を確かなものに

デプロイを異なるステージで許可する前に、ユーザー、グループ、自動化の承認要件を定義します。

JIRA、TFS、YouTrackなどのプロジェクトと問題追跡のためのツールを統合し、問題が解決された場合にのみデプロイが確実に行われるようにし、リリースの詳細に関する問題を自動的に更新します。

誰がどの環境にデプロイできるかを制限し、必要に応じて他の詳細なアクセスコントロールポリシーを定義します。

リリースを遅らせることなくリスクを管理

必要に応じて、いつでも以前のリリースへとロールバックすることが可能です。

全てのInedoのプロダクトは、共通の信頼性の高いテクノロジーを用いて設計されています。