Rezare Systems

Rezare Systemsは、主要セクターの生産性、持続可能性、収益性を高めることをその使命としています。

Rezare Systemsは、BuildMasterを利用した自動化にて驚くほどの成功を収め、顧客へ最大化された価値を提供しています。

Rezare Systemsは、科学者、農業コンサルタント、情報提供者と協力して、農家とそのアドバイザーのニーズ、および新技術の採用に影響を与える問題を理解しています。 大量のデータを効率的に収集して管理するデータ収集システムと、データベースを作成し、意思決定者が利益と環境に及ぼす農場の意思決定の影響を視覚化できるようにする生物システムの数学的モデルの使用を含む洗練された分析を提供します。

彼らの顧客には、法人農家、主要処理業者、サービスプロバイダーまたはアドバイザー、セクター組織が含まれます。

2018年4月現在、Rezare SystemsはBuildMasterを5年近く使用しています。 この長期間の経験により、既存の問題を解決できるだけでなく、ソフトウェアのデリバープロセスとその過程で作成されたエコシステムの助けを借りて新しい課題を解決し、プロセスの改善をおこなうことが可能になりました。

チャレンジ

何年もの間、Rezare Systemsは、近年の大部分のソフトウェアを扱う組織のように、ソフトウェアを手動でデプロイする必要がありました。 これには、ファイルのコピー/貼り付け、依存関係の解決、データベース管理の手作業などが含まれていました。これは整合性がとりにくく、またエラーも起きやすいため、ストレスを感じることも多々ありました。 そこで、Visual Studioの「ワンクリックパブリッシュ」を導入しようと試みましたが思惑通りに機能しなかったため、Rezare SystemsチームはTeam City、Jenkins、BuildMasterなどの使われることの多いツールを調べて解決策を探しました。

TeamCityとJenkinsは、必要なものを統合、学習、達成するのには長い時間がかかるようでしたが、BuildMasterはその特定のタスクに最も使いやすく最適なものでした。 そして、即座にライセンス版の導入が決定されました。

ソリューション

BuildMasterの使用、およびBuildMasterを統合する成功の秘訣は、新しいユーザーにとって興味深く、経験豊富なユーザーには馴染み深いはずです。新しく購入したライセンスで推奨される「パイロット」の実行は2つのアプリケーションと共に約6か月でおこなわれ、1年目の終わりには5つまで増やすことができます、…そして、そして3年の間に126まで加速度的に増やすことが可能です。それぞれのアプリケーションは、もちろん、独自の要件を保持しています。 Rezare Systemsはこのようにすべてのアプリケーションのデリバーを自動化しています。

開発者のDaniel Buchanan氏はこう語っています。「自動化の開発面を除いて、利益は顧客のためでした」。 「ビルドをリリースすると言った時に、それが問題なく実行されることを知った時、私たちは何が起こるかを正確に理解でき、何かが失敗した場合、それがどのようなもので、どのように対処すればいいのかを理解できます。これにより信頼性がさらに向上し、生産性向上のためにてより頻繁にリリースすることができ、より多くのイノベーションが起こっているとを確信することができます」

結果

主な目標を達成した後、Rezare SystemsはBuildMasterを使用することで、NuGetとパッケージ管理の統合という異なる大きなメリットを得ることができました。

BuildMasterを使用することで、Rezare SystemsにはBuildMasterを使用して構築された20〜25個のNuGetパッケージを持つ独自のNuGetリポジトリが存在します。プロジェクトとそのライブラリを変更した後、それをパッケージとして、そして最終的にはプロダクションにリリースすると、クライアントにライブラリを容易に公開することができます。クライアントは、Rezare Systemsがパッケージを管理してクライアントに最新のものを提供しているにもかかわらず、これらのパッケージを使用してNuGetを介して他のアップデートを受け取るのと同様の方法で最新のバージョンを取得することができます。これによりサービスプロバイダーとしての利便性を高め、クライアント、特に海外のクライアントに非常に積極的に対応することが可能になります。

つまり、BuildMasterを使用することで不安なく、簡単かつ確実に、編集、アップデート、ビルド、デプロイをすることができます。